Greenia : Visual and Brand Identity Creation

VI, BI, BX(Branding eXperience) Activity / Cross Compass 様

株式会社クロスコンパス様が2019年4月3日に発表しましたAI開発プラットフォーム「Greenia」のBI(ブランド・アイデンティティ)並びにVI(ビジュアル・アイデンティティ)を行いました。

汎用AI開発環境プラットフォーム「Greenia」を2019年6月提供開始(クロスコンパス発表記事より)

ネーミング、アイデンティティ定義、ロゴ・シンボル制作及びアイデンティティ策定(デザインルール含む)を行いました。

ブランドアイデンティティとネーミング

「Greenia」のネーミングは、緑の意味を成す「Green」に大地や場所の意味を表す「-ia」(Asia等)を組み合わせて作りました。緑色は可視光のちょうど中心に位置します。そのため、緑色は、調和や中庸、といった意味が色彩心理として意味付けられています。新しいAI開発プラットフォームが、人・技術・社会環境の中心になり、人と環境の調和を計り、より良い世界になるように、というクロスコンパスの社員の皆様の理念もそこには込められています。

「Greenia」は、様々なユーザー、メーカー、企業、マーケットに新しい価値を提供するサービスであり、それは人・技術・環境の中心となる「間口の広い、人にやさしいプラットフォーム」を目指すものと位置付けています。

「Greenia」のアイデンティティは、実際のサービスや機能の説明となる表現は用いず、「Greenia」が人々と一緒に創り上げる大きな世界(プラットフォーム)を感じさせる表現を用いたものと定義しました。

BX(Brand Experience)活動


VI(ビジュアル・アイデンティティ)とBI(ブランド・アイデンティティ) 業務を引き受けましたが、これはネオマデザインの業務の一つ、BX(Brand eXperience) に相当します。UXがユーザーならCXはUXの複数のサービスやプロダクツをまたぐ顧客(カスタマー)、BXは更にその上の俯瞰した社会全体に対する体験を考えてブランディングの戦略にしていくものと(我々は)定義しています。

まだまだBXの概念は日本では聞かないのですが、大手企業にとってブランディングや理念などの考えと戦略は非常に重要です。