Tag: 体験


UX JAM & UX Sketch のLTでUI/UXを語る

17

2月 2017

UX JAM & UX Sketch のLTでUI/UXを語る

UX JAM & UX Sketch という2台UXイベント共同主催イベントのスペシャルLTでUX(User eXperience, 顧客体験)の話しをしてきました。2016年11月にUX JAM #13 のLT登壇してきましたが、その時の話しが好評だったそうで、主催者様からまたお声掛け頂けました。 今回はLTも10分枠と拡大、そしてパネルディスカッション『新規事業におけるUXDの役割を深掘る』もあり、聴衆側としても非常に楽しめる内容でした。 UXは、アプリのボタン一つの操作(インタラクションデザイン)から新規事業スタートといったビジネス全体にまで非常に広く深い分野です。どうしてもこう […]...

Read More / 続きを読む...


UX JAM #13 LTに登壇してUXを語る

18

11月 2016

UX JAM #13 LTに登壇してUXを語る

こんにちは、ネオマデザイン代表取締役の河野です。 先日、UX JAM #13 のLT(ライトニングトーク)に登壇してきました。 UX JAM は、UX MILK主催のUX(User eXperience ユーザー体験)を題材にした「ゆるい」勉強会/交流会、とオフィシャルには書かれています。座談会というよりは軽く食事とかしながら参加者同士で気軽にUXについて話し合う場で、実際初めて参加しましたが、非常に楽しくディスカッションできました。 「世界規模で体験をデザインする -PS4のUI開発や空間UXデザインの経験」 たいそうなタイトルにしたのは良いものの、時間が5分しかなくて、結局はPS4の音声U […]...

Read More / 続きを読む...


Tech In Asia Tokyo 2016 に登壇しました

19

9月 2016

Tech In Asia Tokyo 2016 に登壇しました

9月7日、Tech In Asia Tokyo 2016 のデザインステージにて登壇してきました。 発表テーマは、以前blogでアナウンスしたとおりです。 モノからコト時代の体験デザインの重要性 − PS4のUI開発や空間プロデュースの経験から− このTech In Asia は、ざっくり言うとスタートアップと投資家のマッチングイベントがメインです。メインセッションでは、スタートアップのための成功術や投資家同士のディスカッション、マーケッティングなどについてのセッションが並んでいます。 デザインステージでは、ハードウェアデザイン、UIデザイン戦略、LINEスタンプのデザインについてなどがそれぞ […]...

Read More / 続きを読む...


Attractive young woman using tablet and colorful lights out from device

15

2月 2016

デモやプレゼンテーションにもUXを!

UX (顧客体験) を考えていく必要があるのは、何もアプリや製品開発だけではありません。デモや発表会のプロデュースとUXについて今回はお話します。 新しい技術やサービスを世の中に出すまでには、社内外に発表(デモンストレーション)する機会が何度かあると思います。どんなに凄い技術であれ製品であっても、そのデモの仕方次第で「ダメ」とレッテルが貼られてしまうのです。そんな悔しい経験ありませんか? デモや発表のやり方まで含めて技術開発やコンサルティングしている会社はあまりないかと思いますが、実は弊社が得意とするコンサルティングの一つなのです。 さて、デモや発表会でいうお客さんは誰でしょうか? 傍観者です […]...

Read More / 続きを読む...


UI/UXを知りたければゲームをしてみよう

16

11月 2015

UI/UXを知りたければゲームをしてみよう

UI/UXデザインやインタラクションデザインはどこからどう勉強したらいいですか、という質問を良く聞かれます。一言で回答するならば、「とにかく体験しろ」になります。しかし何を体験すればいいのでしょうか。スマフォアプリ開発者ならアプリを徹底的に触る。デジタルサイネージベンダーなら他社のサイネージを見て回る。もちろん、すべて正しいのですが、それ以外の体験もオススメします。 それは、ゲームです。 ゲーム、ここでは英語でいう Video Game を指します。PlayStation4, Wii, Nintendo DS, スマートフォン, PCなどのプラットフォームで動くゲームです。 なぜ、ゲームなのか […]...

Read More / 続きを読む...


UXを考える上での落とし穴 Part-2

26

7月 2015

UXを考える上での落とし穴 Part-2

UXを考える上での落とし穴 Part-1 では、「分かっている人(知らない人)は、知らない人の気持ちなど実は分からない」事がUXを考える上で問題になることを書きました。 今回は、もう一つの落とし穴である「ユーザ(顧客)は何が問題でどうすればいいか、何がいいかを実は分かっていない」について書きます。 アンケートやヒアリングで「もっとこうしたほうがいい、という意見や改善点があれば教えてください」という質問をよく見かけます。ユーザー(顧客)から直接不満点などを取り入れる良い機会です。時に、絶関係者には気がつかないような良いアイデアを入手できるチャンスでもあります。しかし、これらの意見を鵜呑みにしてし […]...

Read More / 続きを読む...


Studio portrait of woman standing under chalk cloud

19

7月 2015

UXを考える上での落とし穴 Part-1

先日、デジタルサイネージジャパンにて “最新施設に次々に導入される”案内するサイネージ”の可能性をUXのプロ達と考える” にて登壇させて頂きました。 このセッションの最後に各パネリストからお持ち帰りネタを出しました。 私は、「UX(User Experience:顧客体験)を考える上での落とし穴」として、2つほど話をしました。これについて補足したいと思います。 『業界やサービス提供側の常識や意見≠ユーザーの常識や意見』、ということです。 フランスの哲学者ヴォルテールの有名な言葉 “一般常識なるものは、それほど一般的ではない。(Common sense is […]...

Read More / 続きを読む...


“間” の漢字の由来

18

1月 2015

“間” の漢字の由来

社名の由来にもなっている 「間」 (ま)という漢字の由来を紹介します。 実は、「間」 の本来の漢字は、 「閒」 (門構えに月)   が本来の漢字です。今我々が使っている「間」は俗字だったのです。門の中は日(太陽)ではなく、月だったんです!「間」という漢字は小学二年生の時に習う常用漢字ですが、ご存じでしたか? 漢字の生い立ちを調べてみると、 “門を閉じても月の明かりがもれる 「すきま」 の意味を表したもの” と書かれていました。なんと奥ゆかしい漢字なんでしょうか。 では弊社は隙間を狙ったビジネスなのか、というとそういうわけではありません。「間」という漢字が使われ […]...

Read More / 続きを読む...