Neoma Design Blog


空間にもUXを 〜1冊の駅デザインの本から〜

空間にもUXを 〜1冊の駅デザインの本から〜

弊社の事業サービスに、スペースプロデュース(空間クリエイション)があります。空間においてもUX(顧客体験)的な視点で企画設計を致します。空間UXと弊社では勝手に呼んでいますが… さて、空間にもUXが非常に大事であることを再認識させられた本に最近出会いましたのでご紹介しつつ、空間UXについて話をします。 著者である赤瀬達三さんは、黎デザイン総合計画研究所社長で現在は千葉大学特別講師もされているデザインディレクターです。営団地下鉄・みなとみらい線・つくばエクスプレスな...

Read More / 続きを読む...


Attractive young woman using tablet and colorful lights out from device

デモやプレゼンテーションにもUXを!

UX (顧客体験) を考えていく必要があるのは、何もアプリや製品開発だけではありません。デモや発表会のプロデュースとUXについて今回はお話します。 新しい技術やサービスを世の中に出すまでには、社内外に発表(デモンストレーション)する機会が何度かあると思います。どんなに凄い技術であれ製品であっても、そのデモの仕方次第で「ダメ」とレッテルが貼られてしまうのです。そんな悔しい経験ありませんか? デモや発表のやり方まで含めて技術開発やコンサルティングしている会社はあまりないかと思いま...

Read More / 続きを読む...


2016年新年抱負 / New Year’s Resolution

2016年新年抱負 / New Year’s Resolution

(English below) あけましておめでとうございます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 ネオマデザインはまだ創業1年を過ぎたところで、かけだしの会社ではございますが、無事に新しい年を迎える事ができました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 さて、昨年の新年の抱負は、”Produce emotional content.” (五感を研ぎ澄ませるようなコトを創造する) でした。 昨年を振り返ってみると、フィットネスクラブ空間プロデュースから...

Read More / 続きを読む...


UXは万能の魔法の杖ではない

UXは万能の魔法の杖ではない

最近、UX(User Experience, 顧客体験) という言葉をかなり見かけるようになりました。UXを業務の中で認識し、これらをアプリ開発や業務フロー内で活用していく機会が増えるのは非常に良い傾向です。しかし一方で、UXと聞くと「なんかあやしい」とか「だまされた」という残念な話も耳にするようになりました。 なぜなんでしょうか? その理由の一つはUXを何にでも効く万能薬として考えてしまっているのが原因のように思えます。しかし実際にはそんな魔法の杖のようなモノではありません...

Read More / 続きを読む...


UI/UXを知りたければゲームをしてみよう

UI/UXを知りたければゲームをしてみよう

UI/UXデザインやインタラクションデザインはどこからどう勉強したらいいですか、という質問を良く聞かれます。一言で回答するならば、「とにかく体験しろ」になります。しかし何を体験すればいいのでしょうか。スマフォアプリ開発者ならアプリを徹底的に触る。デジタルサイネージベンダーなら他社のサイネージを見て回る。もちろん、すべて正しいのですが、それ以外の体験もオススメします。 それは、ゲームです。 ゲーム、ここでは英語でいう Video Game を指します。PlayStation4,...

Read More / 続きを読む...


京都で「空間」を学ぶ

京都で「空間」を学ぶ

「そうだ京都へ行こう!」 5月末に京都へ行ったときは、庭園巡りで日本人の間について勉強してきましたが今回は仕事です。 弊社のロゴと名刺をデザインして頂いた京都出身のアートディレクター/デザイナーさんに連れられて河原町近辺へ。特に行き先を決めず、東西南北に走る道をおもいつくままぶらりと散歩しながらのブレストや相談話です。 人間、少し歩きながらのほうが頭もリフレッシュして本音で話ができたりするものです。ほら、映画でもありますよね、「ちょっと歩こうか(歩いて話をしようか)」というシ...

Read More / 続きを読む...


創立1周年挨拶 / 1st Anniversary of the foundation

創立1周年挨拶 / 1st Anniversary of the foundation

弊社、ネオマデザイン株式会社はこの9月をもちまして創立1周年を迎える事が出来ました。 これもひとえに皆様のご支援、ご厚情の賜物と深く感謝しております。 創業以来、多くのお客様、パートナー企業様、またかねてからの知人、友人、先輩、後輩らに支えられ、いくつかの成果を出す事ができたことを嬉しく思っています。 弊社の理念、 「時間・空間を人間主体に繋ぎ、新しい価値と体験を創造することによって 豊かな夢あふれる未来と社会の実現に貢献します」 この理念に引き続き従い、初心を忘れず切磋琢磨...

Read More / 続きを読む...


音声ユーザーインターフェースの理想と現実

音声ユーザーインターフェースの理想と現実

サイネージの話がつづいたので、今回はUI (ユーザーインターフェース) ・UXについて書きます。 弊社では、サイネージだけでなくNUI (Natural User Interface:ナチュラルユーザーインターフェース) を使ったインタラクションデザインの開発を得意としています。NUI とは、人間ににより自然で直感的なインターフェースで、身近なところだとタッチパネルの操作などがあげられます。近年では、Microsoft の Kinect に代表されるセンサによってジェスチャ操...

Read More / 続きを読む...


UXを考える上での落とし穴 Part-2

UXを考える上での落とし穴 Part-2

UXを考える上での落とし穴 Part-1 では、「分かっている人(知らない人)は、知らない人の気持ちなど実は分からない」事がUXを考える上で問題になることを書きました。 今回は、もう一つの落とし穴である「ユーザ(顧客)は何が問題でどうすればいいか、何がいいかを実は分かっていない」について書きます。 アンケートやヒアリングで「もっとこうしたほうがいい、という意見や改善点があれば教えてください」という質問をよく見かけます。ユーザー(顧客)から直接不満点などを取り入れる良い機会です...

Read More / 続きを読む...


Studio portrait of woman standing under chalk cloud

UXを考える上での落とし穴 Part-1

先日、デジタルサイネージジャパンにて “最新施設に次々に導入される”案内するサイネージ”の可能性をUXのプロ達と考える” にて登壇させて頂きました。 このセッションの最後に各パネリストからお持ち帰りネタを出しました。 私は、「UX(User Experience:顧客体験)を考える上での落とし穴」として、2つほど話をしました。これについて補足したいと思います。 『業界やサービス提供側の常識や意見≠ユーザーの常識や意見』、ということです。 フランスの哲学...

Read More / 続きを読む...



Page 4 of 6« First...23456